« リレーつばめ | メイン | ゆふDX »

いさぶろう・しんぺい号

[人吉-吉松間]ここは1909年(明治42)開通当時は鹿児島本線として開業し、多くの列車が行き交った区間です。通称「矢岳越え」と呼ばれる急勾配の峠越えのため、ループ線、スイッチバック、トンネル、と当時の最高の鉄道技術を集めてつくられました。
そのかつての幹線も、現在では普通列車がわずか平日4往復・・・。
その普通列車の1往復に人の名前のついた列車、それが「いさぶろう」と「しんぺい」。

いさぶろう・しんぺい号 いさぶろう・しんぺい号

提供:五十ブラザーズ(本人登場)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://liveroad.net/mt/mt-tb.cgi/218

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)